1. ホーム
  2. クラリス薬とは
  3. ≫抗生物質の副作用に関するメカニズムと副作用の種類を説明します

抗生物質の副作用に関するメカニズムと副作用の種類を説明します

抗生物質は、細菌感染症の治療に非常に有用な効果を持っている物なんですね。しかし、やはり抗生物質というのは基本的に副作用を持っている物なので、そのことを理解してから使うのが必要なんですね。抗生物質の副作用についても紹介していきましょう。

■抗生物質の副作用が起こる原因
抗生物質は、確かに副作用もあるのですがそれを過剰に恐れる必要はないんですね。とは言え、抗生物質の副作用というのは体の状態を保っている常在菌のバランスを壊してしまうということもあるんですね。抗生物質というのは、細菌を破壊するような作用を持っている物なのですが細菌というのは全部が全部体に悪い物というわけではないんですね。

大腸菌や、ビフィズス菌と言った体にいい菌や体を保つための物もあるんです。

■抗生物質の副作用を紹介
抗生物質の副作用の中でも、特に腸に関することはかなり代表的ですね。下痢をしたり、逆に便秘になったりすることもあるのですがこれは先程も言ったとおり腸内の機能を保つための常在菌である大腸菌のバランスを崩してしまうという副作用があるからなんですね。

なので、人によっては抗生物質を服用していると腸の調子があまりよくなくなってしまうということもあるので覚えておくといいでしょう。

■副作用の度合い
とは言っても、腸の調子が悪くなるにしてもひどい風邪のときのような常にお腹が痛いというようなところまで行くことはありません。通常の排便の際が下痢気味になってしまったり、ちょっと普段の便通が少なくなってしまう、程度の副作用であることがほとんどです。

どうしてもそういったことが気になる場合は医師に相談して抗生物質を変更したり服用量を調整するといいでしょう。