1. ホーム
  2. クラリス薬とは
  3. ≫クラリス薬などの抗生物質の副作用は性感染症を引き起こすこともあるので注意

クラリス薬などの抗生物質の副作用は性感染症を引き起こすこともあるので注意

抗生物質、というのは体内に入り込んだ病気に関する細菌を殺すことで症状が出ないようにするというものなんですね。抗生物質が引き起こすそういった効果によって病気の治療以外に起こる症状や変化を副作用というのですがどんな副作用があるのかを解説していきましょう。

■抗生物質による副作用
抗生物質で、体内の細菌を殺して細菌感染症を治療すると別の病気にかかってしまうことがあるんですね。その代表的な物の一つが性病であるカンジダ症です。カンジダ症は、性病の中でも常在菌が自己感染を引き起こすこともあるものなのですが、実は女性はこういった抗生物質を使っていくことで常在菌のバランスが崩れ押さえ込んでた真菌が繁殖してしまうことでカンジダ症を引き起こしてしまうことがあるんです。

■抗生物質を変える相談をしよう
カンジダ症は、真菌による性感染症なのですがこれが発症していると別の感染症を併発させてしまうことがあるんですね。しかもそれによる物は抗生物質が効かない耐性菌が出てしまい感染症がより悪化してしまう可能性があるんですね。なので、カンジダ症が出始めてしまった時は自己判断で抗生物質をダラダラと飲み続けてしまうと余計に悪くなってしまうんですね。

そうなってしまわないためには、しっかり医師に相談をしましょう。

■抗生物質で異常が出た時
抗生物質を使い続けるというときも、変更する場合も服用をやめる時も基本的に自分で考えてやる物ではないんです。症状に合わせて、正確に効果的にしていかなくてはいけないので正確な判断を下すことが出来る医師と相談をしてからでないとダメなんですね。

カンジダ症のような副作用が起きたとしてもまずは慌てず病院に行くことです。